風俗嬢を口説くにはマナーが大事?!


一般社会のマナーがあるように風俗業界にもマナーが存在する。マナーというよりも一般常識的なものかもしれない。第一に言っておきたいことは、風俗嬢に対してのマナーである。風俗嬢に対して、プライベートを追求してはいけない。風俗で働く女性の大半は何かしらの事情で働いてることが多い。時代が変わりキャバ嬢などが人気職種になっている現代であるが、プライベートを聞くことはタブーである。風俗嬢にあおのあたりを調査してみると、やはりプライベートを聞いてくる人が多いらしい。なので、逆手にとって、あえて聞かないで接してあげると風俗嬢はグっとくるらしい。風俗嬢を落とすには「あえてプライベートを聞かないこと」。特に気に入った女の子の場合はあれこれ聞きたくなるのもわからなくはないですが、女の子が自分から話してきた場合を除いて個人的な部分を追求するのはやめましょう。我慢です我慢。ちなみに、「なんでこんな仕事してるの?」これが一番多くて答えにくいそうです。風俗遊びのマナーは細かいところまで数え上げればキリがないですが、マナーをわきまえていない人は、どんなに気に入った女の子に出会えても、その子にNGリストに入れられて二度と会えなくなることだってあります。逆にマナーをきちんと知っている紳士的な人には、風俗店側もいい女の子をつけてくれたりしますし、女の子も安心していいサービスをしてあげたくなるものです。最低限のマナーを常に意識していれば女の子に嫌われることもないし、お互いに楽しい時間を過ごせることでしょう。マナーを心得ておいて損することはないでしょう。

デリヘル嬢にマナー講師


やはり、どの業界にも言えることですが、デリヘル嬢の教育が行き届いているどうかはサービスを受けてみると一目瞭然です。一昔前までは、挨拶から別れる際まで気遣いを感じるサービスをしてくれる店がたくさんありました。しかし、最近に至ってはあまり教育ができていないんじゃないかというお店がもの凄く多く見受けられます。デリヘル業界で、こういった教育が行われなくなってきた理由の一つとして、デリヘル嬢の入れ替わりが激しい事などが挙げられます。バイト感覚で短期でバイトをする女の子が増えた事が原因です。サービス精神に欠けるデリヘル嬢と理念のない経営者が生み出した現象といえるでしょう。また、デリヘルの経営者の中には、キャストの間で、デリヘルの講習はセクハラだという声が挙がっているという事を気にしている人が少なからずいます。しかし、そんな事を恐れていて何ができるでしょうか。確かに、デリヘルで働くキャストは個人事業主ですので、稼げなければ自己責任という考えもあります。そのような考えばかりを持っていても、いつになっても成功などしません。自分から動いて、デリヘルのキャストを教育していかなければ先はないでしょう。それがセクハラだというならば、女性を講師につける事も考えられます。最近流行のマナー教師をつけて、厳しく教育するのがいいでしょう。実際、デリヘルのキャストのマネージメントや講師を女性にしているデリヘル店も多くなってきています。女性同士の方が気心が知れていい部分がたくさんあるようです。このように、デリヘルのキャストを教育する方法はたくさんあるのです。いろいろと理由をつけて教育しないというのはただの怠慢です。真剣にデリヘル経営を行っていく為には、通常の会社の社員教育よりもしっかりした教育を行っていかなければいけません。デリヘルはサービス業です。その事を忘れてはいけない。